WORKS

事業紹介

無農薬農産物生産システム事業

ハウス栽培用除湿システムを使用した完全コンピューター管理された栽培システム

 

JAKEでは、有機JAS対応の栽培方法を取り入れ、人に害があるとされている農薬や化学肥料を使わないケミカルフリーのトマトの栽培を行っています。毎日食べても安全で安心な新栽培方法で作られた「本気のトマト」をぜひこの機会にお召し上がりください。

 

ケミフリの「本気のとまと」は未来を作る子供たちにこそ食べてもらいたい。
安心で安全な野菜を毎日の食卓にお届けするのが、私たちJAKEの役目と考えております。

ハウス栽培用除湿システム等北海道正規代理店

除湿装置

システムは、ハウス内の高い所に設置することで、ハウス内の空気を循環させて効率よく除湿します。 排気の空気を混ぜて暖かい空気を俳風するため、若干の暖房効果があり、小型で、ハウスのブレスなどの上に設置出来る為、置場所に困ることはありません。
 
※ メーカーサイト

IH農業用ヒーター
(独自IHシステムによる温風システム)

IH(誘導加熱)を利用してビニールハウス内を温風で暖める誘導加熱温風機「KPW5」を開発した。従来、ビニールハウスで暖房用として使用されている重油ボイラーと比べ、燃料費を約60%抑えられるIHを利用した温風機の開発は「世界初」(同社調べ)ハウス栽培農家や畜産業者、工場などへ導入を提案しています。
 

※ メーカーサイト
  

ナノバブル

① 肥料成分の吸収効率化

•ナノバブルは表面にマイナス電荷が帯電している。ナノバブルが存在する水に肥料を添加した場合、NH4+、K+、Ca+、Fe+などの肥料成分のプラスイオンはナノバブル表面に引き寄せられ、これらプラスイオンが集合した無機質の殻状構造体が形成される。そのため、ナノバブルが含まれた肥料液が根から吸収される際には、この肥料成分で形成されたナノバブルの殻状構造体が根細胞に接触し、水や肥料成分が根細胞の細胞膜上にある各種のチャンネルを通って根細胞内に吸収されることになる。

② 酸素の吸収効率化

•酸素のナノバブルを含む水(酸素ナノバブル水)において、酸素ナノバブルは水の液体構造内にある隙間よりも大きいため、当隙間に酸素分子が入り込んでいる状態(=溶解状態)ではない。そのため、通常の水に比べて酸素を余分に含んでいる状態にある。したがって、酸素ナノバブル水を用いることで、植物は通常よりも多くの酸素を吸収することができる。
 
※ メーカーサイト

 
 PPL NEXT正規取扱代理店 

無農薬農産物
生産システム事業

 
農薬散布事業

農業
アドバイザー事業